1. TOP
  2. マネー
  3. 【クレジットカード】主婦が本当にお得に使える年会費無料クレジットカード7選(2018年)

【クレジットカード】主婦が本当にお得に使える年会費無料クレジットカード7選(2018年)

 2018/07/08 マネー  

クレジットカードって種類が多くて、いったいどれを選べばいいか分からなくないですか?また「ポイント」と一言でいっても、クレジットカード会社によって貯まるポイントの種類や1ポイントの価値も全く異なるため、ますます分かりづらいです。

しかし「少しでもお得なクレジットカードを選ぼう」と、還元率だけをみて選ぶとクレジットカード選びを失敗してしまうかもしれません。

基本的に、クレジットカードというのは、あなたがよく買うお店のものを作った方が良いです。お店が作ったクレジットカードというのは、そのお店で使う時に一番ポイントUPしていることが多いからです。

その上で何のポイントが貯まるのか(ポイントの種類)、また貯まったポイントの使いみち、ポイントの有効期限などを調べ、最終的に決めていきます。

以前は「できるだけクレジットカードというのは1枚を持ち、それを全ての支払いで使おう」と言われていました。1枚だけを使うほうがポイントが貯まりやすいからです。

しかし今は、クレジットカードが多機能化していて、全てを1枚で賄うというのは難しいです。なので使いたい用途に応じて複数枚持ち、使い分けるというのが賢い方法です。主婦の場合は、少なくても「スーパーでの支払い用」「スーパー以外での支払い用」「公共料金の支払い用」など分けて持っていた方がお得になることが多いです。

こちらのページでは、専業主婦が今本当に持つべきクレジットカードを7つ紹介します。主婦でも持ちやすいクレジットカードということで、年会費無料のものがほとんどです。

また、貯まるポイントの種類や、実際に貯まったポイントを少しでもお得に使う方法まで、クレジットカードの入り口から出口までまとめました。

・・・・と、本編に入る前に、こちらの記事で紹介しているクレジットカードを分かりやすい表にしてみました。

 

主婦がお得になる本当におすすめのクレジットカード
  年会費 還元率 ポイントの種類 ポイントの有効期限 おすすめの使い方 備考
(おすすめの人)
リクルートカード 無料 1.2% リクルートポイント 最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで Pontaに交換 特定の店ではなく色々な店で買い物する人
楽天カード 無料 1〜3% 楽天ポイント 最後にポイントを獲得した月を含めた1年間 実店舗で使う 楽天ユーザー
Yahoo! JAPANカード 無料 1〜3% Tポイント 最終利用日から1年間 毎月20日ウェルシアで買い物 Tポイントユーザー
セブンカード・プラス 初年度無料* 0.5〜1.5% nanaco 翌々年3月まで 電子マネーにチャージ 固定資産税を支払っている人
PARCOカード 無料 0.5%〜 永久不滅ポイント なし Amazonギフト券・nanacoに交換 PARCOユーザー
イオンカードセレクト 無料 0.5〜1% ときめきポイント ポイント獲得期間に応じて最大で2年間 WAONに交換 イオンユーザー
JCB CARD W 無料 1%〜 OkiDokiポイント 獲得月から2年(24ヵ月)後の15日まで nanacoに交換 18〜39歳限定 

*セブンカード・プラス・・・初年度無料、2年目以降500円(年間5万円利用で無料)

 

ぜひクレジットカードを選ぶ時の参考にしてください。

主婦が本当にお得に使える、おすすめのクレジットカード7選

1.「リクルートカード」:年会費無料でこの還元率はヤバイ!

出典:リクルートカード

  • 年会費:永年無料
  • 還元率:1.2%
  • 電子マネーチャージでもポイントがつく(3万円まで)
  • ポイントの種類:リクルートポイント
  • ポイントの有効期限:最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで
  • ポイントの使い方:Pontaポイントに交換(1リクルートポイント=1Ponta)

 

「MONOQLO(モノクロ)」という雑誌のクレジットカードランキングで2年連続1位(殿堂入り)になったクレジットカードが、この「リクルートカード」です。一般的に年会費無料のクレジットカードは、還元率が0.5%〜1%になりますが、こちらのクレジットカードは年会費が無料なのに、どこで使っても1.2%の高還元率!!

ポンパレ、ホットペッパービューティー、じゃらんネットなどリクルートのサービスを使うとポイントUPしますが、スーパー系のクレジットカードではないので、残念ながら特定のスーパーでのポイントUPはありません。

しかしその代わりに、どこで使っても1.2%の高還元率なので、いつも同じスーパーで買い物するというより、特売になっているお店に行くという買い物スタイルの主婦におすすめの1枚です。

またこのクレジットカードは、電子マネーチャージでもポイントが付きます。電子マネーチャージをしたときにポイントが付くのは、”月に3万円までのチャージ分”という上限はありますが、電子マネーチャージではポイントがつかないクレジットカードが多い中、リクルートカードが”使える1枚”というのは間違いありません。

また電子マネーチャージでポイントがつく上限金額を3万円以上に増やしたい場合は、JCBとVISA、JCBとMasterCardというように、発行会社が違うブランドのリクルートカードを2枚持ちすることもできます。そうすると、月6万円までのチャージにポイントがつきます。

リクルートカードのクレジット払いで貯まるポイントは、「リクルートポイント」です。有効期限は、最終のポイント加算日から12ヵ月後の月末まで。日常的な買い物に使っていればポイントが切れる心配はありませんね

リクルートポイントはPontaポイントに交換できるため、ポイントの使いみちとしては、Pontaポイントに交換して使うのがよいでしょう。
*PontaポイントはTカードのように複数の提携しているお店で使えるポイントです。Pontaポイントの使える店舗はこちらで確認してください。

>>還元率1.2%!「リクルートカード」を詳しくみる

 

2.「楽天カード」:楽天ユーザーなら、このクレジットカードを持たないのはもったいない!

出典:楽天カード

  • 年会費:無料
  • 還元率;1%〜3%
  • ポイントの種類:楽天スーパーポイント
  • ポイントの有効期限:最後にポイントを獲得した月を含めた1年間。期間内に1度でもポイントを獲得すれば、有効期限は延長。※期間限定ポイントは期限延長になりません。
  • おすすめのポイントの使い方:実店舗で使う

 

楽天市場を日常的に使うなら、持たないという選択肢は無いといえるほど、楽天関係でお得になるクレジットカードです。

基本の還元率は1%で、楽天市場で楽天カードを使うと最大3%のポイント還元があります。ポイントの種類は、もちろん「楽天スーパーポイント」ですね。

楽天ポイントは、使い方にコツがあります。楽天市場では極力使わないことです。

楽天市場では、楽天ポイントを使うと1ポイント=1円で買い物ができます。しかし、楽天市場で楽天カード支払いをすると、楽天ポイントが最大3倍となるため、ここでポイントを使ってしまうのは、もったいないのです。

楽天ポイントをお得に使う方法は、楽天以外の実店舗で使うことです。楽天市場以外だったらポイントUPはないので、1ポイント1円で使っても損することはありません。

楽天カードに「楽天Edy」のマークが入っていれば、楽天ポイントを楽天Edyに入れて使いましょう。楽天Edyに交換する時は、キャンペーンが行われているかチェックして、キャンペーン期間中に交換するのがお得です。

また楽天では「期間限定ポイント」がもらえることがあります。これは通常の楽天ポイントと異なり有効期限の延長はありません。楽天市場などでポイントを使うと期間限定ポイントから消化してくれるのですが、「細かい期間限定の端数ポイントのために送料かけてまで今、買うものがないなぁ・・・?」というときもありますよね。

そんな時はぜひマックやミスド、くら寿司など外食で使いましょう♪細かいポイントを使うのに最適ですし、子供がとても喜びます!楽天カードに「R」マークが入っていればそのクレジットカードを使って実店舗で使うことができます。

また、もしも楽天市場で年間11万円以上使っているようであれば、楽天ゴールドカードへの移行を考えましょう。楽天ゴールドカードは年会費(2,160円)がかかりますが、楽天市場で最大5%とポイント還元率がUPするため、楽天市場で年間11万円支払いしているかがボーダーラインとなります。頭の片隅に覚えておくといいですね。

>>「楽天カード」を詳しくみる

 

3.「Yahoo! JAPANカード:使い勝手がよいTポイントを多くの店でザクザク貯める

 

  • 年会費:永年無料
  • 還元率:1〜3%
  • ポイントの種類:Tポイント
  • ポイントの有効期限:最終利用日(貯める、使う、交換する)から1年間
  • おすすめのポイントの使い方:毎月20日にウェルシアで使う

 

次にTポイントが貯まるYahoo! JAPANカードというクレジットカードです。これは”楽天カードのYahoo!版”みたいなイメージで、100円で1ポイント、Yahoo!やロハコで3倍のポイントが付きます。

Tポイントがつくクレジットカードは他にもありますが、筆者は還元率1%〜のYahoo! JAPANカードを主婦にはおすすめします。

Tポイントは、提携している実店舗が多いため非常に使いやすいです。筆者はよく買い物の時にレジで「細かいお金にポイント使いますか?」と聞かれます。細かいお金を崩したくないときなどに使えて便利です。

貯まったTポイントを一番お得に使う方法としておすすめなのが、毎月20日にウェルシアで使うという方法です。薬局のウェルシアでは、毎月20日に200ポイント以上で1.5倍の買い物ができるサービスがあります。

例えば、1,000ポイントで1,500円分、1万ポイントで15,000円分、2万ポイントで3万円分買える、と考えたらすごいと思いませんか?これTポイントが使える全てのお店で行ってくれれば神クレジットカードなのですが、今の所ウェルシアのみになります。しかし、お米やビールなど日持ちするものも買えるため、とてもおすすめです。

>>『Yahoo! JAPANカード(ワイジェイカード)』を詳しく見る

 

4.「セブンカード・プラス」:公共料金、税金の支払いならお任せ!

  • 年会費:初年度無料、2年目以降は500円、年間5万円利用で無料
  • 還元率:0.5〜最大1.5%
  • ポイントの種類:nanacoポイント
  • ポイントの有効期限:翌々年3月まで

 

200円で1nanacoポイント。

基本還元率は0.5%ですが、セブン&アイグループの対象店(セブン、デニーズ、イトーヨーカドー、そごう・西武など)で、ポイント2〜3倍、8日、18日、28日はイトーヨーカードーで5%引きになります。

逆にいうとセブン&アイグループ以外では0.5%の還元率のため、こちらをメインのクレジットカードとして色々な場所で使うのはちょっともったいないです。

しかしイトーヨーカドーを使わない人でも、このクレジットカードを持つ価値があります!それは、公共料金や税金などの支払いのためです。

セブンイレブンでは公共料金や税金をnanacoで支払うことができます。こちらのクレジットカードでnanacoにチャージしたときにポイントがつくのです。

出典:セブンカード・プラス

とはいえ、公共料金は口座振替にすることで割引があるものもあるので、全てをコンビニ払いにした方がいいとは言えません。しかし、持ち家の人は毎年の固定資産税は大きな出費になりますよね。

それらの税金をnanacoで支払うようにすると、だいぶお得になります。セブンカード・プラスは、年間5万以上の支払いがあれば年会費無料になりますが、筆者は悲しいことに税金の支払いだけであっという間に5万円超えます^^;それだけでも、このクレジットカードを持つメリットになります。

また細かいですが、このクレジットカードでnanacoにチャージし、そのnanacoを使ってセブンイレブンでクオカードを買うのもおすすめです。チャージしたときのnanacoポイントと、クオカードのおまけ分がお得になります。(セブンで買えるクオカードは、3,000円、5,000円(5,070円分)、1万円(10,180円分))

筆者はメインスーパーはイトーヨーカドーではありませんが、税金支払いのためにこちらのクレジットカードも持っています。店舗によるかもしれませんが、イトーヨーカドーでの駐車場割引もあり、文房具や買い忘れなど細かいものだけを買いたいときに、イトーヨーカドーの駐車料金を気にしないですむのでとても助かっています。

注意点として、nanacoポイントには有効期限があります。

出典:nanacoポイント

表を見ていただくと分かるのですが、ポイント加算から◯年というのではなく、今年ついたポイントは全て翌々年3月までの有効期限になります。そのため、少なくとも1年に1回は電子マネーにチャージする習慣をつけるといいですね。

5.「PARCOカード」:PARCOユーザーに

  • 年会費:永年無料
  • 還元率:0.5%〜
  • ポイントの種類:永久不滅ポイント
  • ポイントの有効期限:なし
  • ポイントの使い方:Amazonギフト券・nanacoに交換がおすすめ

 

PARCOカードのクレジットカード支払いでは、1,000円=1ポイントが貯まります。しかしPARCO以外の還元率としては0.5%なので、メインカードには向いていません。

しかしPARCOを日常的に使う人にはとてもお得で、PARCO店頭でいつでも5%OFFなど嬉しい優待が多く、20〜30代の働く女性に人気があります。PARCO専用のカードとして持つのがおすすめです。

貯まるポイントが、有効期限がない永久不滅ポイントなのですが、交換するものによって還元率がかなり変わります。

おすすめは、永久不滅ポイントをAmazonギフト券かnanacoへ交換することです。

6.「イオンカードセレクト」:メインスーパーをイオンにしているなら

出典:イオンカード

  • 年会費:無料
  • 還元率:0.5〜1%
  • ポイントの種類:ときめきポイント(カード利用)・WAONポイント(WAON利用)
  • ポイントの有効期限:ポイント獲得期間に応じて最大で2年間
    *本人会員カードの名義人さまの誕生月11日から翌年誕生月の10日までに獲得したポイントは、ポイント獲得期間開始日の翌々年の誕生月末日が有効期限となります。
  • ポイントの使い方:WAONに交換

 

イオンをメインのスーパーにしている主婦におすすめなのがイオンカード。イオンカードには、すでに持っている口座から引き落としができる「イオンカード(WAON一体型)」と、イオン銀行からの引き落としの「イオンカードセレクト」があります。

イオンカードセレクトは、クレジットカード+イオン銀行キャッシュカード+電子マネー「WAON」が1つになっているもので、イオン銀行からの引き落としに限られます。そのためクレジットカードを作る時に敬遠しがちですが、メインスーパーをイオンにしているのであれば、イオンカードセレクトの方が何かとお得なクレジットカードになります。

イオンはポイントの種類が複数あってややこしいのですが、イオンで使えるクレジットカードを作るなら「イオンカードセレクト」と覚えておいてください。引き落とし口座がイオン銀行に限られるため、イオン銀行の口座作成も必要になりますが、WAONチャージでもポイントが貯まったり、イオン銀行の金利もUPします。

>>「イオンカードセレクト」を詳しくみる

 

7.「JCB CARD W」:年齢OKならメインカードにしたい

出典:JCB CARD W

  • 年会費:無料
  • 還元率:1%〜
  • クレジットカード作成時に、18歳〜39歳限定
  • ポイントの種類:OkiDokiポイント
  • ポイントの有効期限:獲得月から2年(24ヵ月)後の15日まで(一般カード)
  • ポイントの使い方:キャンペーン時に、nanacoポイントに交換

 

2017年にできた新しいクレジットカードです。

カード発行時の年齢が18歳〜19歳という年齢制限がありますが、どこで使用しても、他のJCBカードの2倍のポイントがつく、とてもお得なクレジットカードです。

1,000円=1ポイントです。他のクレジットカードが100円や200円で1ポイントのため一瞬損しているように見えますが、ポイントの種類によって1ポイントの価値がちがうため、単純に金額で比較はできません。

年齢がこの中におさまっているのであれば、メインカードにしてよいクレジットカードです。筆者はギリギリこの中におさまっていたのですぐに作りました。現在メインカードにしています。

>>「JCB CARD W」を詳しくみる

このクレジットカードの注意点として、カード明細は発行されません。毎月、確定金額メールが届くので、自分でWEBサイトで金額を確認する必要があります。

貯まるポイントはJCBのOkiDokiポイント。JCBはオフィシャルスポンサーのため、OkiDokiポイントで東京ディズニーリゾートのパークチケットとも交換できます。

貯まったOkiDokiポイントは、nanacoポイントに交換するのが一番お得です。通常1ポイント=5ポイント(nanaco)に交換できるのですが、キャンペーン時に交換すると1ポイント=6ポイント(nanaco)になります。この時に交換するのがお得です。

ちなみに、1ポイント1円の価値がある他のポイントとの比較はこちらになります。

nanacoポイントに交換

1ポイント=5ポイント
*キャンペーン時は6ポイント

楽天ポイントに交換 1ポイント=4ポイント
Tポイントに交換 1ポイント=4ポイント
WAONポイントに交換 1ポイント=4ポイント

こちらのクレジットカードは、WEBからのみ申し込みができます。申し込みの時に「”支払い名人”の設定をしませんか?」というような案内がありますが、”支払い名人”というのはリボ払い設定のことですので、個人的には支払い名人の設定はおすすめしません。気をつけてくださいね。

まとめ

クレジットカードの種類によって、還元率や貯まるポイントの種類、おすすめの交換方法をお伝えしました。

「ポイント」と一言でいってもクレジットカードごとに1ポイントあたりの価値が違いますし、「ポイント◯倍」とうたっていても、元の還元率が低いこともあります。

またどのクレジットカードを作るときでも、リボ払いの設定には気をつけてください。リボ払いはクレジットカード会社ごとに呼び方が異なっていて、パット見では分かりづらいのが現状です。しかも「◯◯に設定したら、△△ポイントプレゼント」など魅力的な文言がならんでいるため、よく確認しないで設定してしまい、あとから後悔することにもなりかねません。

最近では紙ベースの明細がなくなり、WEB明細が主流となりつつあるので、リボ設定にしてしまっていても気づきにくくあとから驚くこともあります。(筆者は以前、ここに書いたクレジットカード以外のもので、最初の設定がリボ払いになっていて、後から気づいたことがありました)

クレジットカードを作る時には、年会費や還元率ばかりに目が行きがちですが、ポイントの使い道やデフォルトでリボ払いの設定がされていないか、ということも気にかけて作るようにしてください。また新しいクレジットカードを作ったら最初の1、2ヶ月は少なくとも明細を必ず見るようにしましょう。(もしもリボ払いになっていたとしても気がつくことができます)

筆者は複数枚クレジットカードを持って、用途やお店によって使い分けています。

クレジットカード払いにしているものは、楽天市場で使うもの、楽天以外で使うものの2種類。クレジット機能は使わずにポイントを貯める(使う)ものは、Tポイントが貯まるもの、公共料金や税金を支払うものの2種類です。

よかったら参考にしてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*参考文献*

MONOQLOザ・マネー 8月号 晋遊舎

もう子供が熱を出しても近くにいてあげられる!

 「自宅で自分のペースで働く」というNEWスタイルの働き方 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

ママ暮らし|子育てママの育児や暮らしにまつわる情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママ暮らし|子育てママの育児や暮らしにまつわる情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を書いた人紹介 この記事を書いた人一覧

ママ暮らし編集部

ママ暮らし編集部

ママ暮らし編集部は、20代〜40代のママたちで構成されているチームです。

ママの生活の中で生じる悩みや心配事、旦那さんのこと、お子さんのこと、節約や時短テクなど、ママの暮らしに役に立つ情報を、現役ママたちが発信しています。

*ロゴの由来*
ママのMを基調とし、寄り添う親子の姿をイメージしています。四つ葉のクローバーは、温かい幸せの象徴。子育てママが、暖かで穏やかな幸せな毎日を送れますように・・・☆

コメントを残す

*

関連記事

  • 【2018】主婦がANAマイルを貯めるための最強おすすめクレジットカードを紹介します!

  • 主婦のお小遣い稼ぎ2018!自宅で安全にできる【決定版】

  • ハピタスというポイントサイトの貯め方! 主婦の【お小遣い稼ぎ】に最適

  • ソフトバンクの『iPhone6』で使える格安SIMまとめ

  • コストコで使えるおすすめのマスターカード! 年会費無料なのに、作るだけで現金GETする裏技教えます

  • 食費を節約したい! 我が家流節約のコツ教えます

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。