全身丸ごと脱毛できるミュゼの『年パス』新登場!1月限定980円★>>>

ファムズベビーとアロベビーミルクローションの違いを比較【体験談】

赤ちゃんのスキンケア商品を探していると、よく耳にするのが『ファムズベビー』と『アロベビーミルクローション』。

この2つは、赤ちゃんのスキンケア商品の中でも特に売れている商品です。

名前も似ているその2つですが「結局どっちがいいの?」と悩んでしまいますよね・・・?

私も同じように悩みました。

そして私は、2つとも生後間もない赤ちゃんに使いました!

両方使ったから分かる『ファムズベビー』と『アロベビーミルクローション』の違いについて、こちらの記事ではまとめていきます。

それぞれのレビュー記事も参考にしてください。

『ファムズベビー』『アロベビーミルクローション』特徴の違い

ファムズベビーとアロベビーミルクローションは、それぞれ作られたコンセプトが異なります。

ファムズベビー・アロベビーミルクローションの違い

『ファムズベビー』・・・保護膜を作ってお肌をバリアしてくれる商品

『アロベビーミルクローション』・・・保湿剤

ファムズベビーもアロベビーミルクローションも、乳児湿疹に悩むママが使うことが多く「乳児湿疹に効果がある」と口コミで評判になっていますが、どちらもお薬ではありません。

確かに軽度の乳児湿疹なら治ることもありますし、実際私の赤ちゃんも良くなりとてもビックリしました。

しかし基本的には、これだけで治すというより”お薬と併用していく”というスタンスでいたほうがいいでしょう。

ファムズベビーの特徴

『ファムズベビー』は、赤ちゃんのお肌に保護膜を作るスキンケア商品です。

保護膜を作ることで外の刺激から赤ちゃんを守ってくれ、同時に赤ちゃん自身の皮膚を再生する力でお肌がきれいになっていきます。

私自身も使いましたが、残念ながらファムズベビー自体には保湿効果は感じられませんでした。

なので保湿剤を塗ってからファムズベビーを塗ると、保湿効果が長持ちします。

別の商品でいうと、ワセリンと同じようなイメージですね。

販売店さんによると、ファムズベビーはワセリンやプロペトから切り替えるママが多いそうです。

ワセリンのようにベタベタしないので、顔や体にぬっても洋服にくっつくことがなく、気持ちよく使えます。

アロベビーミルクローションの特徴

一方の『アロベビーミルクローション』は、保湿剤です。

名前の通りミルクローションで、するりとお肌に馴染みます。

別の商品でいうと、ママ&キッズ、パックスベビー、アトピタなど市販されているベビー用スキンケア商品と同じようなイメージです。

市販されているベビー用保湿剤との違いは、99%以上が天然成分でできているということです。

天然成分でできているから、お肌に優しくまたアロマの香りがしてとても癒やされます。

それぞれおすすめしたい人

次に私が考える、ファムズベビーをおすすめしたい人と、アロベビーミルクローションをおすすめしたい人の違いを書いてみます。

ファムズベビーをおすすめしたい人

お肌が弱い赤ちゃん

お薬と併用したいと思っているママ

アロベビーミルクローションをおすすめしたい人

乾燥肌の赤ちゃん

天然由来のものでスキンケアをしたいと思っているママ

『ファムズベビー』は保護膜を作って、赤ちゃんのお肌の再生を待ちます。

『アロベビーミルクローション』は、保湿して毎日の乾燥から赤ちゃんを守ります。

『ファムズベビー』『アロベビーミルクローション』使用方法の違い

ファムズベビーの注意点

*ファムズベビーは、泡ムース状になっています

ファムズベビーは、洗っただけでは落ちません。

つまりファムズベビーを塗っておけば、よだれや離乳食の食べこぼし、手を洗った時に塗り直す必要がありません

「効果は8時間持続する」ということですので、理想は1日3回塗ってあげるのがベストですね。

特にお肌は、夜寝ている時に再生していきます

なのでおすすめの使い方としては、湿疹がひどい時はお風呂あがりにお薬を塗って、その上からファムズベビーを塗るようにすることです。

ファムズベビーでフタをすることで、お薬の成分がきちんと浸透していきます。

また先ほども書きましたが、ファムズベビー自体には保湿効果は期待できません。

そのため乾燥が強いときにも、保湿剤を塗った後にファムズベビーでフタをするとよいでしょう。

またレビュー記事にも書きましたが、ファムズベビーと保湿剤を併用するときは、保湿剤はお肌に浸透しやすいものを選びます

油分が多いとファムズベビーを弾いてしまい、膜が作られにくくなるからです。

なのでホホボオイルやシアバターなどが配合されているアロベビーミルクローションとの併用は、私はおすすめしません!

 

私の赤ちゃんがファムズベビーを使っていた時は、湿疹がひどかったのですが乾燥は軽度だったのでファムズベビーだけで使うか、お薬のあとにファムズベビーを塗る形で使っていました。

参考までに、もし私がファムズベビーと保湿剤を併用するとしたら、アベンヌウォーターのような赤ちゃんにも使える化粧水を使います。

ファムズベビーと保湿剤を併用したいときは、成分を確認して油分が入っていないものを選ぶようにしてください。

アロベビーミルクローションの注意点

*アロベビーは伸びがよいミルクローションです

『アロベビーミルクローション』は、ファムズベビーとは違い洗うと落ちてしまいます。

なのでこまめに塗り直してあげるのがよいです。

私の赤ちゃんがアロベビーミルクローションを使っていたのは、湿疹がある程度落ちついた時です。

湿疹は多少まだ残っていましたが、耳切れやひっかき傷で顔が血だらけ、ステロイドを日常的に使っていた頃ではありません。

どちらかというと湿疹がある程度落ち着いたあとで、日常的な保湿として使っていました。

ファムズベビーとアロベビーミルクローションを比較

新生児にも使えるのはどっち?

ファムズベビーもアロベビーミルクローションも、どちらも新生児から使用できます。

乳児湿疹に良かったのはどっち?

私は、赤ちゃんの乳児湿疹がひどい時に使っていたのは、『ファムズベビー』の方です。

レビューにも書きましたが、ファムズベビーを使うようになってかなり乳児湿疹が改善されたと感じました。

湿疹がひどいときはステロイドも併用しましたが、ファムズベビーを使うようになってからステロイドを使う頻度が激減しました

また赤ちゃんのひっかく頻度も減りました。

ファムズベビーのバリア機能によって、順調にお肌が再生され結果的に改善されたのだと感じています。

ファムズベビーには、2ヶ月〜3ヶ月くらいお世話になりました。

コスパがよいのはどっち?

ファムズベビー

1本2,592円(税込)

内容量85g(120回分 / 1本)

アロベビーミルクローション

1本2,300円(税抜)

内容量150ml( 1ヶ月 / 1本)

ファムズベビーは税込み、アロベビーミルクローションは税抜き表示なので、1本あたりの単価はほとんど変わりません。

ファムズベビーは、1本あたり120回分使えると書かれています。

1日3回使うと1ヶ月(30日)で90回分になります。

私は、首から上の湿疹がひどい箇所を中心に使っていたため2ヶ月くらいはもちましたが、赤ちゃんの全身に使うと考えると1ヶ月1本くらいのペースで消費すると考えておいた方がよいでしょう。

アロベビーは全身に塗っていたので、公式サイト通り1ヶ月でなくなりました。

1ヶ月1本使って満足のいく結果だったので、私はコスパはなかなか良いと感じています。

まとめ

ファムズベビーとアロベビーミルクローションの違いについてまとめました。

ファムズベビーはお肌をバリアする膜を作るもの、アロベビーミルクローションは乾燥したお肌を潤してくれる保湿剤です。

私の場合は、赤ちゃんの乳児湿疹がひどい時は、ファムズベビーを使っていました。

ある程度お肌が再生したあとは、アロベビーミルクローションに切り替えてスキンケアをしています。

役割がそれぞれ違うので、その時の赤ちゃんのお肌に合わせて使っていくようにするとよいです。

 

参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

もう子供が熱を出しても近くにいてあげられる!

 「自宅で自分のペースで働く」というNEWスタイルの働き方 

Sponsord Links

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。