今めちゃめちゃ売れてる女性用育毛剤はコレだ! >>

「ママアンドキッズが合わない!」そんな時の症状別スキンケア方法を紹介

『ママアンドキッズ』の保湿剤が、赤ちゃんのお肌に合わないと感じていませんか?

 

ママ&キッズのベビーミルキーローションは、産院や市の乳児健診でサンプルをもらうことがよくあります。

育児雑誌にサンプルが挟んであることもありますよね。

しかしママアンドキッズを試してみたけど、湿疹が悪化したり赤くなってお肌に合わないようなら、使うのはやめたほうがいいです。

じゃぁ、ママアンドキッズの代わりに何で保湿したらいいの?

 

私の赤ちゃんは、とてもひどい乳児湿疹を経験しました。

その経験から私がおすすめしたいのは、シンプルで安全なものでできているスキンケア商品です。

私が実際に赤ちゃんに使っていたスキンケア方法を紹介します。

 

ママアンドキッズが合わないなら、別のスキンケア方法を

湿疹が出ている場合

ママアンドキッズを使う前から赤ちゃんに湿疹があった場合、ママアンドキッズを使うようになって湿疹が悪化した場合など、湿疹があるときにおすすめしたいのは、ファムズベビーという商品です。

>>タップして『ファムズベビー』を詳しくみる

 

肌トラブルを抱えているママへのアドバイスとして「赤ちゃんにはシンプルなワセリンが一番!」と聞いたことありませんか?

ワセリンというのは、お肌にフタをする役目があります。

でも、ワセリンてベタベタしますよね・・・。

ベタベタするから、赤ちゃんの顔や全身塗ると、嫌がる子もいます。

 

私自身、赤ちゃんの全身をベタベタに塗ってから洋服を着せることに、とても抵抗がありました。

そのワセリンの代わりになるのが、このファムズベビー。

 

成分はほとんどが水とグリセリンというシンプルなものです。

何よりベタベタしないから、全身に使うのにとてもおすすめ!

 

うちの子の湿疹がひどい時期に、ファムズベビーにはとてもお世話になりました。

湿疹がひどかったときの写真は、こちらの記事に載せてます。

 

また「赤ちゃんのお肌は1歳になれば強くなるから、湿疹は1歳までの我慢だね」ということもよく言われます。

私も慰めなのか、ママ友によく言われました。

 

でも、湿疹で痛がる我が子を見てるのは本当に辛いんです!

夜中に目が覚めた時顔中血だらけになっていたり、ミトンしているのにミトン越しにひっかいて血だらけになったり、耳切れやジュクジュク・・・

「なんでうちの子だけ・・」「なんで治らないの?」「もうステロイドは付けたくない!」と何度も思いました。

 

今だから言えます。

我慢することはありません。

 

1歳までは赤ちゃん自身のお肌が弱いのだから、バリア機能を手助けしてあげましょう!

赤ちゃんのお肌のバリア機能を手助けするなら、ファムズベビーがとにかくおすすめ!!

 

保湿したいだけの場合

特に湿疹はないけど、「ママアンドキッズを使うとなんとなく赤くなってお肌に合わないかも・・・」「別の保湿剤で何かいいのないかなぁ?」というママにはアロベビーをおすすめします。

>>タップして『アロベビーミルクローション』を詳しくみる

 

なぜ数あるベビーローションの中からアロベビーミルクローションをおすすめするかというと、アロベビーは99%以上が天然由来で国産オーガニックの原材料でできているからです。

ママアンドキッズも新生児から使えるスキンケア商品ですが、成分を比較してみましょう!

 

ママアンドキッズの成分
  • BG
  • グリセリン
  • スクワラン
  • オリーブ油
  • 水添パーム油
  • ジメチコン
  • イソステアリン酸PEG-60グリセリル
  • イソステアリン酸コレステリル
  • ベタイン
  • グリコシルトレハロース
  • キシリトール
  • トレハロース
  • ソルビトール
  • 加水分解水添デンプン
  • セラミド2
  • セラミド3
  • コレステロール
  • パルミチン酸
  • 水添レシチン
  • トコフェロール
  • ヒドロキシプロリン
  • セリン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • アラニン
  • アルギニン
  • リシン
  • トレオニン
  • プロリン
  • PCA-Na
  • ポリクオタニウム-51
  • カルボマー
  • ヒアルロン酸Na
  • グリチルリチン酸2K
  • ベヘニルアルコール
  • ステアリン酸PEG-5グリセリル
  • フェノキシエタノール
アロベビーミルクローションの成分
  • グリセリン
  • オレンジ果実水*
  • トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル
  • オリーブ果実油*
  • シア脂*
  • ヒドロキシステアリルアルコール
  • ステアリン酸グリセリル
  • ホホバ種子油*
  • ツボクサエキス
  • イタドリ根エキス
  • オウゴンエキス
  • カンゾウ根エキス
  • チャ葉エキス
  • カミツレ花エキス
  • ローズマリー葉エキス
  • ラベンダー油*
  • ローズマリー油*
  • ラベンダー花水*
  • カニナバラ果実エキス*
  • タチジャコウソウ花/葉エキス*
  • ラベンダー花エキス*
  • キサンタンガム
  • トコフェロール
  • ヒマワリ種子油
  • ベヘニルアルコール
  • セテアリルアルコール
  • ヒドロキシステアリルグルコシド
  • ステアロイル乳酸Na
  • BG
  • ベンジルアルコール
  • デヒドロ酢酸

(*印はオーガニック栽培原料)

引用:アロベビーミルクローションの箱裏面より

 

ざっと見比べてみると分かると思いますが、アロベビーにはお花などの植物、くだものなどから抽出した◯◯エキス、〇〇油というのが多いということが分かりますね。

これが天然由来ということです。

また、太字にしているところはオーガニック栽培原料です。

 

確かにママアンドキッズは市販のものに比べると低刺激なスキンケア商品ですが、私はアロベビーの99%以上天然由来成分、かつオーガニックという方が、お肌の弱い赤ちゃんには優しい保湿剤だと思っています。

 

もちろんアロベビーも、合う合わないはあると思いますが、お肌に優しい保湿剤を探しているなら良い商品ですよ。

アロベビーのレビュー記事はこちらに書いてます。

「ファムズベビーとアロベビーどっちがいいの?」と悩んだ時はこちらの記事を参考にしてください。

お肌にトラブルがあるならファムズベビー、保湿だけならアロベビーをおすすめします!

 

【まとめ】ママアンドキッズが合わないなら、優しい安全なものを選ぼう!

保湿剤を変えてもお肌の調子が改善しない場合は、他の原因も考えられます。

 

たとえば、低月齢でも母乳を飲んでいる子はママの食べ物から食物アレルギーが出ているかもしれません。

湿疹や赤みが出ている部分が洋服を着ているところだけなら、洗剤や洋服が原因かもしれません。

 

赤ちゃんのお肌に湿疹があると、何かを足すことを考えてしまいがちですがその前にいったん「引く」ことを考えましょう。

 

保湿剤は、できるだけ原材料がシンプルなもので、優しい安全なものを選ぶようにしていきたいですね。

ちなみに我が子は現在1歳ですが、アトピーかもと言われていた当時が嘘のようにツルツルのお肌になりました。

 

参考になれば幸いです。

最後までお読みただきありがとうございました。

 

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA