今めちゃめちゃ売れてる女性用育毛剤はコレだ! >>

お宮参りの写真はいつ撮るのがおすすめ? 生後1ヶ月or生後3ヶ月どっち

お宮参りは、生後1ヶ月頃に行うことが多いですが、地方によっては生後100日のお祝いと一緒に行うこともあります。

そこで悩むのが、「お宮参りの写真撮影をいつ撮るか」ということですよね。

お宮参りと同じ日に写真館での写真撮影をすると、お宮参り、写真館での写真撮影、お食事会と、1日でこなすにはかなり忙しくなります。

また免疫力がない生まれたばかりの赤ちゃんにとってほぼ初めての外出に、何時間も連れて歩くのも心配です。

こちらの記事では、お宮参りの写真を生後1ヶ月に写真を撮るメリット、生後3ヶ月の100日のお祝いと一緒に写真を撮るメリット合わせて紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

お宮参りの写真はいつ撮るのがおすすめ?

私のおすすめは、生後1ヶ月にお宮参りをするとしたら、お宮参りの時はスナップ写真を撮り、生後3ヶ月に写真館で撮るというパターンです。

その理由は以下のようになります。

生後1ヶ月で写真を撮るメリット・デメリット

  • 祖父母も一緒に写真を撮れる
  • パパ・ママは正装しているから家族写真が撮れる

お宮参りのときは、パパとママは正装して神社へ行きます。

なのでお宮参りの帰りにそのまま写真館へいくのは、家族写真を撮るのに適しています

また祖父母も一緒にお宮参りをする場合は、祖父母も一緒に赤ちゃんと写真を撮れるので喜ばれます。

しかしこの頃に撮るゆえの心配ごともあります。

それは、生後1ヶ月頃の赤ちゃんは、ほぼ1日中寝ていることです。

なので、赤ちゃんの写真は寝てる写真がメインになってしまいます・・・

そして、生後1ヶ月の赤ちゃんは、ママかおばあちゃんが抱っこして、その上から祝い着をかけて写真を撮ることが多いです。

こども写真館ではドレスや着ぐるみがありますが、まだ色々着せるには早いですね。

生後3ヶ月(100日)で撮るメリット・デメリット

  • あやすと笑うようになる
  • 赤ちゃん一人の写真が撮れる
  • 起きている写真が撮れる
  • 赤ちゃん用のドレスや衣装が充実している

赤ちゃんは生後3ヶ月頃になると、にこにこ微笑んだり、あやすと声をだして笑うようになります。

なので笑顔の写真が取れますし、こども写真館では首・腰が座っていない子でも1人で写真を撮れる専用の椅子があり、赤ちゃん1人の写真が撮れます

もちろん希望があれば家族写真も撮れます。

また生後1ヶ月に比べ起きている時間が長くなるため、お昼寝の時間を調整して予約すれば、赤ちゃんが機嫌よく起きている写真が撮れる可能性も高まります。

こども写真館には赤ちゃん用のドレスや着ぐるみもあるため、生後3ヶ月頃ならお着替えして写真撮影を楽しむこともできます。

赤ちゃん1人で撮った写真は、キーホルダーなどのグッズにもしやすいため、祖父母へのプレゼントにも喜ばれます。

もしも生後1ヶ月の写真も撮りたい時は・・・

生後3ヶ月にこども写真館へ行くのがおすすめ!・・・といっても、生後1ヶ月の頃の写真も、撮っておきたいと思いませんか?

そんな時は、赤ちゃんに負担がかからない出張カメラマンはいかがでしょう?

”出張カメラマン”と聞くと、運動会などで学校に来てくれるカメラマンを想像しますが、今はもっと身近な存在で、ママさんフォトグラファーも多く、実は価格が抑えられる上に満足度が高いんです!

こども写真館で写真を撮ると、お宮参りで使う赤ちゃんの祝い着をレンタルさせてくれるのがメリットですが、赤ちゃんの祝い着なら楽天市場でもレンタルできます。往復送料込みで3,000円代からあり、私は実際に楽天市場でレンタルしましたが、豊富な祝い着の中から好きな柄を選べて、とても良かったですよ。

生後1ヶ月のお宮参りの時は、出張カメラマンに神社に来てもらい、自然なスナップ写真を撮ってもらうのが私のおすすめです。

お宮参りの写真は、いつまでに撮るもの?

赤ちゃんに祝い着をかけて撮りたいなら、やはり生後3ヶ月くらいまでが適しています。

お宮参りには、赤ちゃんの退院の時に着せたベビードレスを着せることが多いですが、50-60サイズを用意しているからですね。

実際私も50-60のベビードレスを用意したのですが、退院のときはブカブカだったのに生後1ヶ月のお宮参りのときにはジャストサイズでした。

もしもベビードレスやお祝い着にこだわりがないなら、いつまでに撮らなくてはならないということはありません。

成長が早い赤ちゃんの写真は、いつ撮っても記念になりますよ!

お宮参りの写真の値段と、レンタル費用

最後にお宮参りの写真を、こども写真館と出張カメラマンで撮った場合の値段を比較しました。

こども写真館は地元に展開しているような店舗を含めればたくさんありますが、全国展開している大手でいうとスタジオアリスとスタジオマリオが有名です。

店舗によって価格が異なったり、各種キャンペーンなどがある可能性があるので、参考程度にしてください。

お宮参りの時に、神社に着ていく赤ちゃんの祝い着のレンタル有無も一緒にまとめました。

  料金 データ 祝い着のレンタル
スタジオアリス

撮影料:3,000円+商品代

購入可能(別料金) あり(無料)
スタジオマリオ

撮影料:3,000円+商品代

購入可能(別料金) あり(無料)
出張カメラマン(fotowaの場合)

平日:19,800円
土日祝日:23,800円

もらえる カメラマンによる

→右にスライドできます

 

『スタジオアリス』『スタジオマリオ』といったこども写真館は、撮影料は安いですがアルバムや小物などの商品を購入することになるので、最終的には高額になってしまうということがよくあります。

また撮影したデータは、注文した写真のみデータにしてくれます(別料金)

逆に言うと、注文しなかった写真のデータは買うことができません

 

出張カメラマン(fotowa)の料金は、追加料金なしの一律料金です。

どのカメラマンを指名しても同じ価格になります。

fotowaの料金に含まれているもの
  • 60分の撮影料
  • 75枚以上の写真データ(撮影時の状況または天候等により、当該枚数に達しない場合もあります)
  • フォトグラファー指名料
  • 出張料 

※時間内であれば、撮影対象人数に制限なし

また、fotowaでの衣装レンタルの有無はカメラマン(フォトグラファー)によって異なります。

まとめ

お宮参りの写真をいつ撮るのがおすすめかについて、まとめました。

こども写真館での写真撮影の場合のメリットは、なんといっても衣装の豊富さです。

お子さんが女の子の場合、少し大きくなるとお姫様ドレスを着たがるので、そういうときに何着でも気が済むまで着れるこども写真館はとても楽しむことができます。

一方で、こども写真館で作った専用のアルバムに入れるために、いつも同じ写真館を利用しなくてはならなかったり、全てのデータをもらえないなど色々と縛りがあります。

お宮参りのときは、まだ赤ちゃんも小さくドレスをたくさん着る必要がありません。

出張カメラマンではデータを中心にもらえるため、そのデータを使ってネットでアルバムや絵本、カレンダー、年賀状などに活用できます。

またこども写真館で撮るよりも、総合的に考えるとお得になることが多いです。

私は第一子の時にこども写真館に大金を使ったものの、第二子の時はもっぱら出張カメラマンにお願いすることが多いです。

というのもデータでもらえた方が、お宮参りの写真だけでなく、自宅で自分で撮ったスナップショットも合わせて、まとめてアルバムや絵本にできるからです。

\ こちらのfotowaは金額が一律で分かりやすく、口コミも充実しています/

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA