あなたは大丈夫?産後の夫婦関係は変化します

夫婦ふたりの時や妊娠中は仲が良かった夫婦でも、出産を終えると関係が変化してしまうことはよくあります。

主な原因としては、子どもが増えたことによる家庭環境の変化や経済的・肉体的な負担の増加、ママの体調の変化などが考えられます。

特に産後はホルモンのバランスが崩れてしまうママが多いため、夫をはじめ周囲の人たちが協力の手を差し伸べてあげることが大切。

それを怠ると、そのうちに夫婦関係が破綻してしまうことにもなりかねません。

ホルモンバランスが崩れると情緒的にもとても大きな影響を与えるため、出産直後から急に夫のことをうとましく感じてしまうようになるママもいます。

 

産後、夫婦喧嘩が増えました

待ちに待った赤ちゃんが誕生して楽しいはずなのに、気分がやたらとイライラして夫婦喧嘩が増えたという家庭は珍しくないです。

夫からすると「子供が生まれたから仕事を頑張らないと!」と思うのかもしれませんが、ママは早く帰ってきて育児を手伝って欲しいのです。

仕事を頑張る夫の姿も、ママから見ると「育児にも家事にも協力してくれない」風に見えてしまいます。

「産後クライシス」という言葉がテレビで取り上げられて一挙に有名になりましたが、この産後クライシスはどの家庭にとっても他人事ではありません。

参考:産後クライシスとは何?体験談から見えてきた産後クライシスの実態

会社が休みの日ぐらいは子育てを手伝ってくれてもよさそうなのに、朝遅くまで寝ていたり、ソファに寝転がってゲームに熱中している夫を見ると、ママはイライラして、険悪な言葉を投げかけてしまう…そんなこともよく聞きます。

 

産後、夫婦関係が悪化しました

出産までは和気あいあいと仲のいい夫婦だったのに、出産してから夫婦関係が悪化してしまったっていう話は結構聞きます。

また1人目の時は何でもなかったのに、2人目を出産してから途端に夫婦仲が険悪になることも。

その結果、別居や離婚に至ってしまうパターンもあるとか。

妊娠前後のカップルを数年間にわたって調査したデータによると、妊娠中は「夫を愛している」と回答した妻が多いのに対して、出産から2年経った段階では「夫を愛していない」と答えた妻がなんと全体の3分の2にまで達したとか。

妻の方は「夫が子育てにも家事にも全然協力してくれない」と嘆く一方で、夫の方も「子どもにかかりっきりで俺のことは何もしてくれない」と不満を感じている結果、夫婦間のすれ違いが大きくなっていってしまうようです。

 

産後の夫婦関係、このように改善しました

産後クライシスを乗り切るためには、夫婦がお互いによく話し合い、相手の気持ちを確認していくことが大切です。

「いつも子育てありがとう」「仕事疲れたでしょう?」などとお互いねぎらいの言葉をかけるだけで、疲れていてもまた頑張ろう!と思えるものです。

なかなかゆっくりと会話する時間もないかもしれませんが、言葉かけひとつで夫婦関係は見違えるように改善されるのではないでしょうか。

もう子供が熱を出しても近くにいてあげられる!

 「自宅で自分のペースで働く」というNEWスタイルの働き方 

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。