【産後】眠いのに眠れない! 先輩ママはこうやって「寝れない」を乗り越えました

産後はどんなにタフな女性でも心身ともに疲れきっています。なので寝れる時には、確実に寝ておきたいものです。

しかし「赤ちゃんが寝たから、今のうちに寝よう!」と思ってベッドに横になっても、赤ちゃんの様子が気になったり、なんとなく気分が高ぶってしまうことってありませんか?

「早く寝なきゃ」と思うと焦ってしまい逆になかなか眠れなくなったり、そうしているといつの間にか次の授乳の時間になってしまう・・・・なんてことも。

  • 全然眠くならない
  • 眠いのに、寝たいのに寝れない・・・

これらは産後ママが経験することの1つで、実は多くの先輩ママが経験しています。

こちらのページでは、現在眠れない問題真っ最中の産後ママさんへ、先輩ママたちが乗り越えた方法をお伝えします。よかったら試してみてくださいね。

【産後】眠いのに眠れない時の、乗り越え方

心が落ち着くエッセンシャルオイル(アロマオイル・精油)を使う

私は旅行で布団や枕の寝心地が変わるなどちょっとした環境の変化で、眠れなくなることがあります。なのでお泊りの時はポーチの中に必ずエッセンシャルオイル(アロマオイル・精油)を入れています。

出産の入院中も、眠れなくなることが予想できたのでラベンダーのエッセンシャルオイルを病院に持っていきました。

ちなみにアロマといっても大げさなディフューザーは無くても大丈夫。私のやり方はいたってシンプルで、ティッシュにアロマを1、2滴たらして枕元に置くだけです。それならどこでもできますよね。

ティッシュに垂らしたエッセンシャルオイル(アロマオイル・精油)をゆっくりと深呼吸するように吸い込むと、とてもリラックスすることが出来ました。自宅でもなかなか寝付けない時や、赤ちゃんがうまく眠れない時にも使っています。1本持っていると、かなり長い間使えますし、とてもおすすめです。

今は100円ショップでもアロマオイルが売られていますが、これらは植物から100%抽出したエッセンシャルオイル(アロマオイル・精油)とは別物です。同じように”アロマオイル”と書かれているので同じもののように思うかもしれませんが、裏面を見ると100円ショップのものは色々と合成のものが入っています。成分が違うので、当然効果も変わってきます。においもやっぱり異なるため、敏感な人はくさいと感じることもあります。

単なる香りを楽しむだけならよいかもしれませんが、私は生活の木や無印良品などに置いてある100%天然のエッセンシャルオイルをおすすめします。とても心地よい香りですよ♪

寝る前に軽くストレッチ・マッサージをする

ベッドの上で手足を動かせる状態ならば、首を軽く動かしたり、手足をマッサージするのもおすすめです。

私は足を温めると血行がよくなるからか眠たくなります。逆に足が冷えているとなかなか眠れないです。最後に目をつぶって何回かゆっくりと深呼吸してみてください。

眠れなくても、目をつぶっているだけでも体は休まっています。そう思えば眠れないことの焦りはなくなるはずです。

眠れる音楽を聞く

スマホで「眠たくなる音楽」「眠れる音楽」などで検索してみましょう。するとゆったりとした音楽がヒットします。

もしも赤ちゃんのいる部屋でエッセンシャルオイル(アロマオイル・精油)を使うのに抵抗があるママは、音楽に頼ってみましょう。私は妊娠中眠れない時はエッセンシャルオイルではなく、音楽に頼っていました。(早産などの赤ちゃんへの影響が心配だったからです)

ゆったりとした音楽を聞くことで眠れる時もありました。

本や小説を読む

「寝る前にスマホを見ないようにする」というのは有名な話ですが、その代わりに本や小説といった文字だけの本を読む習慣をつけます。雑誌ではなく、文庫本などの細かい活字がおすすめ。

字を追っているとだんだん眠たくなります。ただ薄暗い中で本を読んでいると目が悪くなるので、手元のライトはつけて読むようにしましょう。

諦めて別のことをする

眠れずにベッドの中にずっといるのが苦痛な時には、思い切って他のことをしてみてみましょう。DVDや映画を見たり、夜中に料理を作り置きしておいてもいいかも。

眠れない時に無理やりベッドに入ってこまめに時間を確認したり、「あぁ、明るくなってきた・・・」と思うと、どんどん焦ってしまい、ますます眠れなくなります。

なので「昼間眠たくなったら昼寝すればいいか」くらいの気持ちで、無理に眠ろうとしないのがコツです。

私は産後間もない時は、上の子を送り出してから二度寝することも多くありました。産後の眠れないという状況は、時間が経つと必ず落ち着きます。産後眠れなくなる原因については次に書きました。今は「こういうもんなんだ〜」と思って、ゆっくり過ごしてくださいね。

産後眠れなくなる原因

産後(とくに出産直後)は、誰でも眠れなくなります。

出産の時の出来事を鮮明に思い出してしまったり、赤ちゃんを産んだという達成感や赤ちゃんの様子が気になって「ゆっくり休んでくださいね」と言われても全く眠くなりません。

私も産後1ヶ月くらいは眠れないし、眠くもないという時期がありました。ホルモンの変化もあり「妊娠中どうしてあんなに眠かったんだろう?」と不思議になるほど。

また「産後は赤ちゃんのお世話をしないといけないから、ママは眠くならないようになっている」ということもよく言われます。妊娠中は安静にするためにつわりがあったり眠くなったりするように、産後は眠くならないようになっていると聞くと、ママの体はなんて不思議なんだろうと思いますよね。

けれど、それが普通なんです。産後眠れないのはみんな一緒ですよ!

産後、眠れなかった先輩ママの体験談

体験談1:出産後に眠れない・・・入院中編

入院中はハイ状態になり全く眠くありませんでした。
生まれた直後から母子同室だったので赤ちゃんとずっと一緒でした。
初めは無事に産まれてくれた安堵感と愛しさでひたすら赤ちゃんの寝顔を見つめていました。体は疲れていたので寝たい気持ちもありましたが、そのうち眠くなるかなとあまり気にせず、自由に携帯をいじったり、本を読むなどして自由に過ごしていました。
赤ちゃんのオムツ替えや授乳も全て自分でするので、そこまで暇なこともなく眠れないことを苦痛と感じることもありませんでした。眠れない時は眠くなるのを待つしか方法がないと思います。
助産師さんから聞いた話では産後は赤ちゃんを守るためにそういう眠くなくなるホルモンが分泌されると言っていました。なので、自然の摂理なので、自然と眠れるようになるので大丈夫だと思います。むしろ私は今まですぐに眠くなるタイプだったので良い方に捉え、今までできなかったことをしまくりました。
私は出産した当日、体はくたくたで疲れていて夜はたくさん寝れると思っていましたが、子どもを産んだという興奮からか、一睡もできませんでした。目をつむっても全く寝れなかったので、その日は諦めて朝までまだ決めていなかった赤ちゃんの名前を考えて過ごしました
我が子を出産したその日から目を閉じても、なかなか眠りにつくことができませんでした。
入院中は自分の出産シーンがフラッシュバックされ、興奮しているように眠れませんでした。目を閉じていても出産シーンを振り返りながら「あの時こうすれば良かった」「何故もう少し静かに出産できなかったんだろう」とそんなことばかりを頭の中で自問自答していました。
退院し、自宅に帰ってからは体が疲れていて寝れたのですが、寝つきはとても悪かったです。入院時と同じように出産シーンを思い浮かべていたり、「早く家事をやらなくてはいけない」「あそこもここも片付けたい」とやらなくてはいけないことがたくさんあって、どこからやればいいのかをずっと考えていました。
しかし色んなことを考えていても、部屋を暗くして目を閉じていれば、いつの間にか自然と寝れているときがほとんどでした。どうしても寝れないときは音楽を流していました。
産後1ヶ月を過ぎたころには子育てで体も疲れるようになり、ぐっすり眠れるようになりました。

体験談2:産後に眠れない・・・自宅に帰ってから編

眠れない時は録画した番組、ケータイゲーム、自分への休息だと思うようにしてアイス食べたり、ホットミルク飲んだりしています。はじめは眠れないことに不安になり、規則正しく起きて無理に色々行動したり、散歩して体を疲れさせたりしていました。
産後ブルーとでも言うんでしょうか、不安定ですんなり眠れず困ってましたが気持ちが落ち着いてきたころ、育児にも少しずつ慣れてきた頃、半年くらいして気付いたら治っていました。
はじめは赤ちゃんも手がかかるし、お母さんの体も赤ちゃんのお世話するために眠れないようにできてるのかなー?っと勝手な解釈で私は納得しています。

体験談3:産後、眠いのに眠れなかった

相談できる助産師さんや先生が近くにいないことが不安で、自分は寝不足でしたが赤ちゃんが寝ていてもちゃんと息をしているかが心配で寝れませんでした。
しばらくは頻回授乳で朝も夜もまとまった睡眠がとれず、できれば寝れる時は寝たかったのですが、どうしても寝れない時は録画してあるドラマを見たり、SNSで同じくらいの赤ちゃんを育てているママの投稿を見たりしていました。なんとなく赤ちゃんがいる生活に慣れてきて、赤ちゃんにも生活リズムがついてきて、自分にも少し余裕がでてくる生後3ヶ月の頃には眠れないことはなくなっていきました。赤ちゃんの首がすわったり、成長していくにつれて寝不足も解消されていきました。
疲れていて「今なら子供が寝ているから眠るチャンス」という時ほど眠れない時期が半年ほど続きました。
完全母乳で育てていた為、薬には頼れないのでネットで色々調べて試していました。最終的には「眠れない」ということを諦めることで乗り越えました。具体的には、「寝よう、寝よう」と思わないでとりあえず体を横にして休ませるように心がけたことと、開き直ってやりたいことを自由にするということでストレスをためないようにしました。無理に「寝なくては!」と思わないことでリラックスでき、ウトウトだけでもできることもありましたし、自然に寝ていたということもありました。
ストレス解消の名目で、こっそり用意しておいた甘いものを食べるのも結果的にはよかったかもしれません。どうしても産後は、寝る時間も起きる時間も不定期になりがちですが、朝はしっかり太陽を浴び、夜はなるべくスマホをみないといった基本的なことも意識してやるようにもしていました。

産後の「眠れない」はいつまで続くの?

私の場合は、退院後はだいぶ眠れるようになりましたが、産後1ヶ月はなかなか眠れなかったですね。

赤ちゃんがちょっと唸ったり動いたりすると、「大丈夫?布団で窒息してないかな?」とか、動かないと動かないで「息してる?」と気になって、何度も起き上がって赤ちゃんの鼻の下に指をあてて呼吸を確認していましたw

今は産後3ヶ月ですが、夜中に授乳と寝かしつけが終わって、いざ自分も寝ようと思うと眠れない・・・というのは、まだ時々あります。そういう時はやはりエッセンシャルオイルに頼っています。

まとめ

産後の「眠れない」というのは一時的なものです。何も特別なことではなく、先輩ママ達もやはり同じように眠れなくなりました。

産後の眠れない期間は「こういうものなんだ」と割り切って、無理に眠ろうとしないこと、眠れない時間を有効に使って過ごすのが良さそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

もう子供が熱を出しても近くにいてあげられる!

 「自宅で自分のペースで働く」というNEWスタイルの働き方 

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。