【7月14日まで】資料請求でファミリアのベビーバスタオルプレゼント♡>>

新生児用おむつはいつまで使える? サイズアップのタイミングまとめ

スポンサーリンク

新生児用のおむつをいつまで使えるのか、疑問に思ったことありませんか?

いつからSサイズにすればいいのか、サイズアップのタイミングもいまいちよく分からないママも多いのでは?

私は「新生児おむつなんて、少ししか使わないよ」と聞いていたので、産前に用意したのは1袋だけでした。

ところが生まれてみたら、約2,800g!

結果的にガッツリ新生児用おむつを使いました

 

こちらの記事では、新生児用おむつからSサイズにサイズアップするときのタイミングを紹介していきたいと思います。

 

新生児用おむつはいつまで使える? サイズアップの目安は『生後1ヶ月』ではない

新生児用おむつには『新生児』という名称がついていますが、生後0ヶ月の間だけ使うということではありません。

サイズがちょうどよければ、生後1ヶ月・2ヶ月でも使ってOK。

 

つまり、新生児用おむつからSサイズにサイズアップするタイミングは、月齢ではありません

以下の6項目を参考にして、サイズアップのタイミングを決めてみてください。

新生児おむつからSサイズにするタイミング
  • おむつ記載の体重をオーバーしたとき
  • 太ももに跡がつくようになったとき
  • おへそがよく見えるようになったとき
  • うんちがよく漏れるようになったとき
  • ウエストがきつくなったとき

 

おむつ記載の体重をオーバーしたとき

■ パンパース新生児用・Sサイズの目安体重

新生児用

〜5kgまで

Sサイズ

4〜8kg

 

1番人気の『パンパース新生児用』と『パンパースSサイズ』のおむつの適応体重を見てみると、新生児用は誕生から5kgまで・Sサイズは4kg〜8kgまでと書かれています。

 

これを見ると、4〜5kg代は新生児用とSサイズの両方に書かれていることが分かります。

そう、どちらでも良いのです!

おむつに記載の体重は、あくまでも目安として考えるといいです

 

太ももに跡がつくようになったとき

赤ちゃんの太ももにおむつの跡がくっきりとつくようになったら、Sサイズにサイズアップするタイミング。

生まれたばかりの新生児のお肌はとても薄くて弱いので、少しの摩擦や刺激で赤くなってしまったり皮がむけてしまうことがあります。

なので太ももにおむつの跡がつくようになったら、Sサイズに変更するといいです。

 

おへそがよく見えるようになったとき

これは私の経験からですが、おへそがはっきりと見えてるとおむつは小さいように思います。

おむつはしっかりとおへその上まで持ち上げて、ギュッとテープで止めます。

 

それでもおへそがはっきりと見えてしまうようであれば、それはSサイズにサイズアップするタイミングかもしれません。

 

うんちがもれるようになったとき

しっかりギュッとおむつをつけているのに、うんちがもれるようになったらSサイズにサイズアップするタイミングかも。

特にねんねのこの時期は、おむつが小さいと背中の方に後ろもれします。

 

実はおむつの種類によって、後ろもれしやすいおむつと後ろもれしにくいおむつがあります。

赤ちゃんの体型とメーカーによる大きさの誤差によるものですが、次女はパンパースだと後ろもれが多く、メリーズだと後ろもれはほとんどありませんでした

 

うんちが頻繁に後ろもれするようになったら、サイズアップかおむつメーカーの変更を考えてみてください。

 

ウエストがきつくなったとき

おむつをよく見ると、テープを止める部分に『1』『2』『3』と数字が書いてあるのが分かります。

赤ちゃんの腰回りが大きくなると、テープを止める位置は1から2、3へと外側になっていきます。

 

3番になっている時は、新生児サイズでは小さいのでSサイズにサイズアップするといいです。

・・・といっても、必ず『3』になるまで使うという意味ではありません。

私はテープを止める位置が『1』でも小さいなぁと思ったらサイズアウトと判断し、サイズをアップしています

 

新生児用からSサイズにUPしたものの、やっぱりおむつが大きかったときの対策

おむつを新生児用からSサイズに変更したものの、Sサイズだと「やっぱりまだ大きいかなぁ」という時も出てくるかもしれません。

その時は、前側(お腹側)のおむつを外側に折り返して小さくしてみてください。

結構フィットします。

新生児おむつ

実は助産師さんが教えてくれた技

 

次女は小さめに生まれたため、入院中は新生児用おむつだとブカブカでした。

これはその時に、助産師さんが教えてくれた技です。

 

おむつを外側に折ることで、太ももや股下のゆるゆる感が無くなり、ちょうどよいサイズになります。

Sサイズにしたものの、まだおむつが大きめでフィットしていないと思う時だけでなく、小さめに生まれた赤ちゃんで新生児用おむつが大きいときにも、ぜひ試してみてください。

 

おむつを新生児用からSサイズにサイズアップした月齢はいつ?

実際私がいつ新生児用おむつからSサイズにサイズアップしたかをお伝えします。

2,800gで小さく生まれた次女は、生後2ヶ月の初めころSサイズにアップしました

 

小さめに生まれたため、結構長く新生児用おむつを使っていたことになります。

この時次女の体重は5kgに達していませんでしたが、新生児用おむつだとおへそがよく見えていました。

うんちをすると後ろギリギリくらいまで行っていたこともあったので、おむつが無くなるタイミングでSサイズにサイズアップしました。

 

新生児用おむつの注意点

生後1ヶ月〜2ヶ月でSサイズになる赤ちゃんが多い

もし赤ちゃんが3,000gくらいで生まれると、生後1ヶ月には約4,000gになります。

なので生後1ヶ月〜2ヶ月の間に新生児用おむつから、Sサイズにサイズアップするということが多いかと思います。

 

逆に、生まれた時に4,000gなど大きめで生まれた子は、1ヶ月健診まで持たずにSサイズになる子もいます。

 

サイズが分からなければベビー用品店でサンプル比較しよう

比較的大きめのベビー用品店に行くと、おむつのサンプルが置いてあります。

薬局にも置いてあるところもありますし、メリーズはHPからおむつのサンプル応募ができます。

どのサイズにしたらいいか悩んだときは、サンプルで新生児用とSサイズのおむつを比較してみるといいです

 

Sサイズに変えた方がいいか悩んでいるうちは、実はまだ使える

これは私の経験から思ったことですが「Sサイズにした方がいいかな〜、どうかな〜」と思っているうちは、まだ新生児用おむつで大丈夫です。

サイズアップする時というのは「もうこれはキツイ!次はSを買おう!」とハッキリ思います。

 

ただ逆の見方をすると、おむつが少し大きかったとしても大した問題にはなりません。

なので「次に1袋買っても使い切れないかもしれない」という時は、SサイズにしてOK!

新生児用おむつの方が1袋にたくさん枚数が入っているので、コスパを考えるとギリギリまで新生児用を使った方がオトクなことは確かです

 

4,000g超えたら、おむつのまとめ買いは控えよう

赤ちゃんの体重が4,000gを超えると、そろそろSサイズにサイズアップを考えるころ。

これくらいの体重になったら、Sサイズにサイズアップすることを考えて、新生児用おむつのまとめ買いは控えましょう。

私は、週末ごとに1パックずつ買っていました

 

新生児期の赤ちゃんは1週間で1パック使ってしまいますが、できるだけまとめ買いは控えたほうがいいです。

またうんちが頻繁に後ろもれをするなら、Sサイズを買っておき自宅にいる時は新生児用、外出するときはSサイズと使い分けるのもいいと思います。

外出時の後ろもれは悲劇です!

 

メリーズの新生児用とSサイズおむつの大きさを比較

私は次女が新生児のとき、メリーズの新生児用おむつをよく使っていました。

メリーズ新生児用を使い、そのままメリーズSサイズにサイズアップしました。

 

新生児用とSサイズの両方が自宅にあったので、大きさを比べてみました。

 

新生児おむつ

比べてみました

 

たたんだ時の横幅は同じくらいで、Sサイズの方が上の部分が2cmほど長くなっていました。

広げると・・・わぁ、やはり1まわり大きいですね。

新生児おむつ

広げると一回り違います

 

Sサイズは、横のギャザーの部分も少し大きくなってます。

新生児用は5kgまでと書いてありますが、5kgだと結構ピチピチだと感じました

 

新生児期の1日におむつを使う枚数・1ヶ月に使う枚数

私は、新生児期には1日10枚〜15枚使っていました。

授乳の前にはかならずおむつ替えをするので、3時間ごとと考えても1日に8枚。

 

その他にうんちして替えたり、おむつを替えた直後にうんちしてすぐに替えたりします。

特に新生児の時は、赤ちゃんが泣き出すと「おむつ替えた方がいいかな?」となりますので、おむつの消費は激しかったですね。

 

新生児期は毎週おむつを買っていたので、だいたい1週間で1パック使っていました。

1日10枚だとしても1週間で70枚、1ヶ月で300枚。

結構使いますね・・・。

 

今は生後2ヶ月ですが、1日に使う枚数は8枚〜10枚くらいになりました。

新生児期のおむつは、あっという間に1パックが無くなりますが、箱買いには気をつけてください。

というのも、おむつはサイズ以外にもお尻との相性・使い心地も気になるものです。

特に初めて使うメーカーのものは、まず1パック買って様子を見てから買い足すというようにしてくださいね。

 

テープからパンツタイプへ変えるタイミングは、赤ちゃんが動くようになってから

おむつのサイズは、Sサイズ以降、テープタイプとパンツタイプのおむつがあります。

どちらを買えばいいかも悩みますが、ねんねのうちはテープタイプで大丈夫です!

テープの方がおむつ替えしやすいですし、コスパも良いからです。

 

おむつをテープタイプからパンツタイプに変える時期は、寝返りやハイハイをしてしまってねんねしながらのオムツ替えが難しくなってから

逆にいうと寝返りをするようになっても、ねんねでのおむつ替えが出来るようなら、そのままテープタイプでOKです。

つかまり立ちやあんよし始めると、立ったままおむつ替えする方が楽になってきます。

そうなったら、パンツタイプの方が便利です。

 

【まとめ】悩んでいるうちは新生児用でまだいける

新生児用おむつからSサイズへサイズアップするのは生後1〜2ヶ月が多いです。

しかし月齢や体重よりも、うんちもれや太ももに跡が付くなどのサインに気をつけてサイズアップのタイミングを決めてください。

 

赤ちゃんのおむつがSサイズになる頃になると、ママの産後の抜け毛がはじまるころというのはご存知ですか?

ほとんどのママが経験する産後の抜け毛は、こちらに対処法をまとめています。

よかったら合わせて参考にしてください。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA