今めちゃめちゃ売れてる女性用育毛剤はコレだ! >>

新生児用オムツはいつまで?サイズアップの目安は『生後1ヶ月』ではない!

新生児用オムツって、いつまで使うの?

やっぱり”新生児用”というくらいだから、1ヶ月になったらSサイズにUPすべき?

新生児用のオムツって、いつまで使うのか疑問ですよね。

またいつ頃Sサイズにサイズアップすればいいのか、サイズアップの目安を知りたいと思いませんか?

私は「新生児オムツなんて少ししか使わないだろう」と思い、産前に用意したのは1袋。

ところが生まれてみたら、約2,800g!

結果的にガッツリ新生児用オムツを使いました(;´▽`A“

こちらの記事では、新生児用オムツからSサイズにサイズアップするときの目安を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 

 

新生児用オムツはいつまで?サイズアップの目安は『生後1ヶ月』ではない

新生児用オムツには「新生児」という名前がついていますが、新生児のときだけ(生後1ヶ月まで)使うという意味ではありません。

サイズがちょうどよければ、もちろん生後1ヶ月でも生後2ヶ月でも使ってOKです。

新生児用オムツからSサイズにサイズアップする時期は、赤ちゃんによって異なります。

生後1〜2ヶ月でSサイズにサイズアップすることが多いですが、大きく生まれたときは生後1ヶ月まで待たずにSサイズになる赤ちゃんもいます。

ですので新生児用オムツをどれくらい使うかは、実際に生まれてみないと分かりません。

新生児用オムツからSサイズにサイズアップするときの目安は、赤ちゃんの月齢ではありません。

次の目安を参考にしてください。

 

オムツに書いてある目安の体重を超えたとき

新生児用 〜5kgまで
Sサイズ 4〜8kg

新生児期に1番人気の『パンパース新生児用』と『パンパースSサイズ』のオムツの適応体重を見てみましょう。

新生児用は、誕生から5kgまで。Sサイズは4kg〜8kgまでと書かれています。

よく見ると4〜5kg代は新生児用とSサイズの両方にかぶりますね。

そう、どちらでも良いのです!

なので「新生児用は5kgまでと書いてあるけど、なんだかキツそうだな」と思ったら、そろそろSサイズにサイズアップする頃です。

 

太ももに跡がつくようになったとき

赤ちゃんの太ももにオムツの跡がつくようになったら、Sサイズにサイズアップするタイミングです。

赤ちゃんのお肌はとても薄く弱いので、少しの摩擦や刺激で赤くなってしまったり皮がむけてしまうことがあります。

なので太ももにオムツの跡がつくようになったら、Sサイズに変更してみましょう。

 

おへそがよく見えるようになったとき

これは私がよく思うことですが、おへそがはっきりと見えてるとオムツは小さいです。

ちなみに、私の義母はオムツをふんわりとつけます。だからおへそが見えています。

でも私から見るとそれでは、ゆるゆる。

オムツをゆるくつけると、足をバタバタしたりオシッコを吸収して重くなるとどんどん下がってきます。

そして隙間ができ、ゆるゆるうんちが漏れてしまうんですよね・・・

オムツはしっかりとおへその上まで持ち上げて、ギュッとテープを止めます。

それでもおへそが見えてしまうようであれば、それはSサイズにサイズアップするタイミングかもしれません。

 

うんちがもれるようになったとき

しっかりギュッとオムツをつけているのに、うんちがもれるようになったらSサイズにサイズアップしてみましょう!

おしっこは、量が増えてもオムツをこまめに変えればもれる心配はないですが、オムツが小さいとうんちはもれます。

ねんねの時期は、特に背中の方に後ろもれします。

実はオムツの種類によって、後ろもれしやすいオムツと後ろもれしにくいオムツがあります。

私の赤ちゃんは、同じサイズでもパンパースだと後ろもれが多く、メリーズだと後ろもれはほとんどありません。

うんちが後ろもれするようになったら、オムツの種類を変えるかサイズアップして様子をみるのがおすすめ!

 

ウエストがきつくなった、テープを止める目盛りが一番外側になったとき

オムツをよく見ると、テープを止める部分に『1』『2』『3』と数字が書いてあります。

赤ちゃんの腰回りが大きくなると、テープを止める位置は1から2、3へと外側になっていきます。

3番になっている時は、新生児サイズでは小さいのでSサイズにサイズアップしましょう。

・・・といっても必ず3になるまで使うという意味ではありません。

私は、テープを止める位置が『1』でも「小さいな」と思ったらサイズアウトと判断し、サイズをアップしています。

 

オムツを新生児用からSサイズにUPしたものの、やっぱり大きかったときの対処法

オムツを新生児用からSサイズに変更したものの、Sサイズだと「やっぱりちょっと大きいかなぁ」という時もありますね。

その時は、前側(お腹側)のオムツを外側に折り返して小さくしてましょう。

結構フィットしますよ。

*これは助産師さんが教えてくれた技です

 

私の赤ちゃんは小さめに生まれたため、入院中は新生児用オムツだとブカブカでした。

これはその時に、助産師さんが教えてくれた技です。

オムツを外側に折り返すと、ちょうどおへその部分の絵が書いてあるところが折れて見えなくなります。

外側へ折ることで、太ももや股下のゆるゆる感が無くなり、ちょうどよいサイズに出来ます。

おむつが大きめでフィットしていないと思う時は、ぜひ試してみてください。

 

オムツを新生児用からSサイズにサイズアップした月齢はいつ?

実際に先輩ママたちは、いつ新生児用オムツからSサイズにアップしたのでしょうか?

私の赤ちゃんの場合は、Sサイズにアップしたのは生後2ヶ月の初め頃です。

小さめに生まれたため、結構長く新生児用オムツを使っていました。

この時赤ちゃんの体重は5kgに達していませんでしたが、新生児用オムツだとおへそがよく見えていました。

うんちをすると後ろギリギリくらいまで行っていたこともあったので、オムツが無くなるタイミングでSサイズにサイズアップしました。

 

生後1ヶ月〜2ヶ月でSサイズになる赤ちゃんが多い

もしも赤ちゃんが3,000gくらいで生まれると、生後1ヶ月には約4,000gになります。

なので生後1ヶ月〜2ヶ月の間に新生児用オムツがきつくなり、Sサイズにサイズアップするということが多いですね。

逆に生まれた時に4,000gなど大きめで生まれた子は、1ヶ月健診まで持たずにSサイズになる子もいます。

 

サイズが分からなければベビー用品店でサンプル比較しよう

比較的大きめのベビー用品店に行くと、オムツのサンプルが置いてあります。

薬局にも置いてあるところもありますし、メリーズはHPからオムツのサンプル応募ができます。

どのサイズにしたらいいか悩んだときは、サンプルで新生児用とSサイズのオムツを比較してみましょう。

 

Sサイズに変えた方がいいか悩んでいるうちは、実はまだ使える

これは私の経験から思ったことですが「Sサイズにした方がいいかな〜、どうかな〜」と思っているうちは、まだ新生児用オムツで大丈夫です。

サイズアップする時というのは「もうこれはキツイ!次は絶対Sにしなくちゃダメだ」とハッキリ思います。

新生児用かSサイズで悩むくらいの大きさの赤ちゃんの場合、オムツが少し大きかったとしても大きすぎるということはありません。

なので悩むならSサイズにしちゃってもいいかもしれません。

ただ新生児用オムツの方が1袋にたくさん枚数が入っているので、コスパが良いことは多いですね。

 

4,000g超えたらサイズアップを意識して、オムツのまとめ買いは控えよう

赤ちゃんの体重が4,000gを超えると、そろそろサイズアップが頭を考えるときですね。

これくらいの体重になったら、Sサイズにサイズアップすることを考えて、新生児用オムツのまとめ買いは控えましょう。

私は、週末ごとに1パックずつ買っていました。

新生児期の赤ちゃんは1週間くらいで1パック使ってしまいますが、できるだけまとめ買いは控えたほうがいいです。

うんちが後ろもれするようになるとお着替えが多くなりますし、外出の時にうんちが後ろもれしてしまうと、結構たいへんです。

なので、オムツのまとめ買いはほどほどに。

またSサイズを買っておいて、自宅にいる時は新生児用、外出するときはSサイズと使い分けるのもおすすめです。

外出時の後ろもれの心配がなくなります。

 

メリーズの新生児用とSサイズオムツの大きさを比較

私は、赤ちゃんが新生児のとき、メリーズの新生児用オムツをよく使っていました。

メリーズの新生児用を使い、そのままメリーズのSサイズにサイズアップしました。

そこで、新生児用とSサイズを比べてみましたよ。

 

*新生児用とSサイズを重ねてみました

 

たたんだ時の横幅は同じで、Sサイズの方が上の部分が2cmほど長いです。

広げると・・・やはり1まわり大きいですね。

*広げると1まわり大きいです

 

横のギャザーの部分も少し大きくなってます。

新生児用は5kgまでと書いてありましたが、5kgだと結構ピチピチに感じます。

 

新生児期の1日にオムツを使う枚数と、1ヶ月に使う枚数

私の場合、新生児期というのは少なくても1日10枚は使っていました。

授乳の前にかならずオムツ替えをするので、3時間ごととしても1日に8枚。

その他にうんちして替えたり、オムツを替えた直後にうんちしてすぐに替えたりするので10〜15枚くらいでしょうか。

特に新生児の時は、泣くとあたふたして「オムツ替えようか?」となります。

オムツの消費は激しかったですね。

新生児期は毎週オムツを買っていたので、だいたい1週間で1パック使っていたと思います。

1日10枚だとして、1週間で70枚、1ヶ月で300枚。結構使いますね・・・。

今は生後2ヶ月ですが、1日に使う枚数は、8枚〜10枚くらいになりました。

オムツは1パックあっという間に無くなりますが、新生児期は成長が早いので箱買いはやめておいた方が無難。

オムツはサイズ以外にも赤ちゃんのお尻との相性や、使い心地も気になるものです。

初めて使うメーカーのものは、まず1パック買って様子を見てから買い足すという風にしましょう。

 

テープからパンツタイプへ変えるタイミングは、赤ちゃんが動くようになってから

Sサイズ以降は、テープタイプとパンツタイプのオムツがあります。

どちらを買えばいいかですが、ねんねのうちはテープタイプで大丈夫です。

テープの方がオムツ替えしやすいですし、コスパも良いです。

オムツをテープタイプからパンツタイプに変える時期は、寝返りやハイハイをしてしまってねんねしながらのオムツ替えが難しくなってから

逆にいうと寝返りをするようになっても、ねんねでのオムツ替えが出来るようなら、そのままテープタイプでOKです。

つかまり立ちやあんよし始めると、立ったままオムツ替えする方が楽になってきます。

そうなったら、パンツタイプの方が便利ですね。

 

まとめ

新生児用オムツからSサイズへサイズアップするのは生後1〜2ヶ月が多いです。

しかし4,000g以降は、月齢よりもうんちもれや太ももに跡が付くなどのサインが見えたらサイズアップのタイミング。

次はいよいよSサイズです!

また、赤ちゃんのオムツがSサイズになる頃になると、ママの産後の抜け毛がはじまるころというのはご存知ですか?

ほとんどのママが経験する産後の抜け毛は、こちらに対処法をまとめています。

よかったら参考にしてください。

 

Sponsord Links

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA